シール印刷の特長

シール印刷の特長

 「シール印刷」は、「ラベル」がもっとも安価に作成できる印刷方法です。

シール印刷は、つぎの特長があります。

  1)使いやすい<剥がしやすい>
  2)安価に作成できる
  3)小ロットで作成できる
  4)仕上げの方法が選択できる(1枚ごと、シート仕上げ、ロール仕上げ)
  

補足

 (1)一番の特長としては、「ハーフカット」という加工ができることです。
    台紙部分を残して、「ラベルだけを型抜き」することができます。
    このため、ラベルの角を起こすだけで、簡単に剥がすことができます。
    こうした加工は、他の印刷方法ではできません。 
    それゆえに使いやすいラベルとなっています。

    ※詳しくは、次項の図をご参照ください。

    ※他の印刷方法(オフセット印刷やシルク印刷)では、
     ラベルと台紙のサイズが同じ大きさになります。
     四隅をカットして仕上げたり、型を作って、型抜きをします。

 (2)「版」や「刃型」が一つで作成できるので、安価に、少ない枚数から、
    お作りすることができます。

 (3)仕上げの方法がいろいろと選択できるのも特長です。
    特に、ロール状に仕上げることができますので、製造工場の自動ライン
    の中に組み込まれた「ラベル自動貼付機」には、「ロール状のラベル」が
    使用されています。 

プリントアウトされたいなら  

 (1)ご覧いただける資料もございます。

    JPEG形式なら

     PDFなら

 (2)下記のサイトでもご説明をしています。
    シール印刷の説明

オフセット印刷と比べてみました。 

  (例)幅:80mm、高さ:50mmのラベルを作りたい・・。

  一般的な印刷方法「オフセット印刷」と比べてみます。

 以下のご説明は、「幅 80mm×高さ 50mmのラベルを作る場合のものです。

 (1)「ラベルサイズ」を基本に作成します。
    「オフセット印刷」の場合は「紙サイズ」を基本に作成します。   

    <シール印刷>
     幅90mmのロール状の原紙を使って、印刷をします。

    <オフセット印刷>
     八切サイズ「272mm×395mm」の「紙」を使って印刷をします。
     平判(ひらばん)という「規格用紙」を使います。

  【 左図:シール印刷の説明図 】 【 右図:オフセット印刷の説明図 】
 シール印刷の仕上がりイメージです。オフセット印刷の仕上がりです。

 (2)版は「一つ」で、作成することができます。

    <オフセット印刷>
     八切サイズに合わせ、版を増やして印刷をします。
     「増し版」とか、「面付け」と表現します。

     印刷機に使用できる紙サイズが限定されていますので、
     ムダのないように、何枚かを面付けし、まとめて印刷します。

 (3)刃型を「一つ」で、作成することができます。

    <シール印刷> 
     クッキー型のような刃型を作成し、印刷機の次工程にて、1枚ごと、
     ラベルの型に切り抜きます。

    <オフセット印刷> 
     お豆腐を切り分けるようなイメージです。
     断裁機(大型のギロチン)を使って、切り分けます。
     1枚ずつではなく何枚か、まとめて断裁をします。
     ※通常、刃型は高価のため作りません。

 (4)ラベルより、台紙サイズが一周り大きく仕上がります。

     ラベル周囲の不用な部分は、剥がしとられて、ラベルだけが残る
     ように仕上がります。<カス上げとか、カス取りと呼ばれています。>
     ラベルの角を起こすだけで、簡単にラベルを剥がすことができます。

    <オフセット印刷> 
     ラベルサイズと台紙サイズが同じです。

 (5)ラベルの仕上がりは、3種類の方法がお選びいただけます。

    1)ロール仕上げ(トイレットペーパーのようなイメージ)
      ・・・1巻 500枚巻のように指定します。

    2)シート仕上げ(コーヒーチケットのようなイメージ)
      ・・・ 5枚綴り、あるいは5枚シート仕上げ と指定します。

    3)カット仕上げ(単枚、あるいは枚葉仕上げともいいます)
      ・・・ 500枚 1束のように指定します。

      無地ラベルは、カット仕上げになっています。

     <オフセット印刷> 
      カット仕上げのみです。
      ・・・ 500枚 1束のように指定します。

 補足  

  プリンターで印刷するラベルの場合は、ハーフカットをしたラベルの周りを
  剥がさないで、仕上げます。
  
  プリンター内で、ラベルが剥がれないように、あえてラベルの周りの
   部分<カス部分>を残しています。  
   弊社のPCシリーズは、カス部分を残しています。