部材の名称

部材の名称

 針金荷札をお作りになる場合、
 部材について固有の呼びかたを知っていると便利です。

 1)通常は、「目玉」あるいは「玉止」(たまどめ)と
   呼ばれる「厚紙」で補強をします。
     <下図の茶色で示した部分です。>   
   これがあれば、引っ張っても紙が破れることがありません。

 2)耐久性が必要な荷札の場合は、
   さらに、「鳩目」とよばれる「金具」を付けます。
   ハトの目のようなことから、名づけられています。
     <下図の黄色で示した部分です。>

  軽量物につける場合は、「目玉」だけを
  重量物につける場合は、「目玉」+「鳩目」をつけて、
  さらに、補強をします。  
  針金荷札の呼称のご説明です。

 3)ただし、お使いになる用途によりましては、
   「鳩目」、「目玉」ともつけない場合がございます。

 4)また、「針金」の代わりに、「糸」をつける場合も
   ございます。

 食品工場などでは、「異物混入」や「金属片の混入」などを
 さけるため、「糸付荷札」をご利用いただいています。

 お使いになるご用途に合わせて、お作りさせていただきます
 ので、まずは、ご相談ください。